Fight marriage Ⅱ 【完】

第1章 /1話

本家への訪問から帰ってきてから、私は又朝は零の出勤の時間に合わせて起床し、そしてコーヒーをいれ始めた。

そんな私に零は最初こそ訝しげな目で見てきたが、どうでも良いとでも思ったのか直ぐに気にしなくなった。





だけど…

実際、生活は…それ以外以前と何一つ変わらない。





それは私にも変化はないと言うことで、
《私らしく!》と決心したものの、いざ生活してみると
《私らしく!》って何なの?と誰かに聞きたくなった。





だけど…

そんなことに頭を悩ませていたのもほんの一時で…





今はもっと別の事で頭の中は一杯だった。










0
  • しおりをはさむ
  • 603
  • 3084
/ 361ページ
このページを編集する