Fight marriage Ⅱ 【完】

第2章 /4話

リビングに顔を出すと

「お帰りなさいませ」

「ただいま」

「何かお飲みになりますか?」

「そうね…アイスティーをお願いできる?」

「少しお待ちくださいね」

そう言ってカウンターの中へ入って行った。





真夏だと言うのに目的もなく歩き回って…汗で気持ち悪い。

「先にシャワー浴びてくるから」

「はい」

そう言って自室に戻る。

着替えをもって浴室に行き、鏡に写った自分の顔を見てげんなりした。

泣いて…

擦って…

また泣いて…

メイクしたまま寝ちゃって…

又泣いて…





私の体の水分は後どれだけ残ってるんだろうか。

なんて心配してしまったくらい。

干からびそうな私の酷い顔がそこに有ったから。






0
  • しおりをはさむ
  • 609
  • 3104
/ 361ページ
このページを編集する