Fight marriage Ⅱ 【完】

第2章 /6話

「おい」

ハッとして声のした方をみると、私たちはいつの間にか大通りからどこかへ入り込み、一軒の静かな佇まいの店に来ていた。

その扉の前に立つ零と、そこを通りすぎて歩き続けていた私。

零の店の背後に見える建物をざっと見渡し、そこが和風の料亭であることを知った。

店の名前は…《蕗の薹》

「…ふきのとう?」





「来いよ」

「あ、すみません」

そう言って入り口の前で待つ零に近付く。

零は一瞬目を細めて扉を開けた。





「いらっしゃいませ」

しっとりとした声が聞こえた。

入って直ぐに10席分ほどのカウンターが有り、その奥から着物姿の落ち着いた雰囲気の女の人が出てきた。










0
  • しおりをはさむ
  • 609
  • 3102
/ 361ページ
このページを編集する