Fight marriage Ⅱ 【完】

第3章 /1話

エントランスを抜けて目の前に見えたのは…

「え?」

真っ赤なオープンカー。





サングラスを掛けた迅が私に気付いて手を挙げた。

恐ろしく決まってる。

まるで何かの撮影かと思ってしまうくらい。

いや、撮影現場なんて見たこと無いんだけど…





全く想像していなかった迅の真っ赤な車。

おまけにオープンカー。

何だか…私の中のイメージと全然違うのに…

目の前の光景は似合いすぎてて怖いくらいだった。





「ごめんね。急に押し掛けて」

「ううん…でも…」

と車を見ると

「あ、大丈夫。今からルーフは…」

「違うの。こういう車乗ったこと無いから何だか…珍しいと言うか…」

「ん?」

「これ、迅さんの車?」

「そうだよ。ま、学生らしく?ロードスターだからそんなに高い車じゃ無いんだけどね」

「車のことはよく…わからないけど、そう言うのって値段じゃないんでしょ?」

「え?」

「最近教えてもらったの。何でもそうよ。値段が問題なんじゃなくて、何が好きか…なんでしょ?」

そう言ってニッコリ笑った。








0
  • しおりをはさむ
  • 609
  • 3103
/ 361ページ
このページを編集する