Fight marriage Ⅲ 【完】

第1章 /2話

迅にお礼を言ってドアを閉めた後は振り返る事なくエントランスに入って行った。

振り返りたい衝動には駆り立てられたけど、今振り返ってはいけないと思ったから。





そしてエレベーターの中で大きく息を吸いゆっくりと吐き出した。

迅と言う障害物を潜り抜けてようやく次のゾーンへ進み、新たなゾーンへ挑みに行く…

そんな気分。

ゲームじゃないって言うのよね。

苦笑しながら私は今、玄関の前に立っていた。

自分の家に帰るのにこんなにも勇気が要るなんて笑っちゃう。





別に疚しいことが有るわけでもないのに。





そう自分に言い聞かせ、玄関の扉を一気に開いた。





「…ただいま」







0
  • しおりをはさむ
  • 1418
  • 3051
/ 497ページ
このページを編集する