Fight marriage Ⅲ 【完】

第3章 /3話

「はい」





扉を開けようとした手が止まる。

『え?』





何で…

こんな当たり前の事が予測出来なかったのだろう。

怪我をしてからもう随分と経つ。

その間、こんな大きな病院なんだから完全介護で不便は無いだろうけど…

居て当たり前だ。





身の回りの世話をする人が。




0
  • しおりをはさむ
  • 1482
  • 3096
/ 509ページ
このページを編集する