Border Color【完】

作戦(井戸端)会議

埠頭の抗争から10日。

退院になった。
というかついに追い出された。


毎日ガラの悪い男たち引っ切り無しに尋ねてき、
(お見舞いに来てくれていただけだが)

ヤクシさんに会えば

助けていただいてありがとうございましたーっ!
(ヤクシさんには"アッシター!"という発音しか
聞こえてなかった)

と、大きな声で挨拶をし豪快に頭をさげ、
ヤクシさんをビビらせていた。

さらに
見舞いの合間に庭で輪になってタバコを吸うものだから
庭一面が煙くなり、モヤがかかっているような状態になることがしばしば。


それが毎日続くものだから
「お前ら!いい加減にしろ!
庭も禁煙だ!病院の空気汚すんじゃない馬鹿者がーっ」

と、怒らせてしまった。


本当はもう少し入院するべきらしいが、
毎日騒がしくて堪らないから自宅で寝ててくれ、と
強制送還となったのだ。



ヒイロとアサギが迎えに来てくれて
消毒と痛み止め、抗生物質をもらい病院をでる。

久しぶりに外に出た。

「寒いなぁ」

二月が終わると言うのに、雪が降りそうな空だった。
冷たい空気が傷口を刺すようで痛みが増す。

歩くとズキンと右足が疼いた。






0
  • しおりをはさむ
  • 710
  • 6233
/ 434ページ
このページを編集する