No.2 上

立冬 /学校

「ええぇぇぇぇっ?!?!!!」

朝食を食べ終え、制服を着ていると彼女が叫んだ

う、うるさい。近所迷惑だよ…

「ゆうさん、本当に高校生だったんですか?!」

失礼だな…

「…老け顔で悪かったわね。」

ゆらみたいに可愛くないわよ、と少し呆れる

どうやら彼女は冗談だと本気で思っていたらしい


「ち、違うんですっ!一人暮らしだし、大人っ

ぽかったから大学生か社会人だと…昨日のは、

その、冗談だと思ったんです…。」


もじもじと、最後らへんはしりすぼみになって言い訳をする彼女

そりゃぁちょっとませてるかもだけどさ…

0
  • しおりをはさむ
  • 47
  • 114
/ 302ページ
このページを編集する