猫にも首輪をつけたがる

第一章 /待望の再会?/side雪羅



side雪羅






理事長に挨拶を済ませ、編入試験にも無事合格




私の場合は既に学歴があるからか、
編入試験は特別に面接のみで終わった



理事長はめんどくさいからと言っていたけど、
正直私もめんどくさかったからありがたかった





「えーっと、結城さんはね、1年A組だね

すぐそこの職員室に担任の先生いると思うから、
挨拶に行ってきて〜」






やる気のなさそうな理事長で、ちょっと気が紛れた

緊張する必要はなかったようだ




安心しながら職員室のドアを開けて、担任を探す


えっと、入って右から二番目のデスク





あ、いた









0
  • しおりをはさむ
  • 144
  • 992
/ 60ページ
このページを編集する