SWALLOWTAIL ~butterfly~【完】番外編完結

「また、会ってくれるか?」


京さんは低く甘い声で私に尋ねてきた。


―…え?


その言葉に驚き、京さんに顔を向けると、暗闇の中でも分かる力強い眼で私を見つめていた。


「…嫌か?」


京さんが悲しそうな表情で低く小さく呟く。


「嫌じゃないです!」


私の突如出た大きな声に京さんの目が少し大きく開いた。


― 嫌な訳ない!


「私こそ…また会ってくれますか?」


「あぁ」


京さんは優しく微笑んでくれた。

0
  • しおりをはさむ
  • 932
  • 240
/ 358ページ
このページを編集する