修正中・・・SWALLOWTAIL ~butterfly~

「疑ってんのか」

「・・・ううん」

よく考えれば、拓真が飲酒運転なんかするはずがない。
拓真も私も、あの事故のある意味被害者だから。

「んじゃ、帰るか」

「うん」

車がゆっくりと動き出す。
次第に流れ始める景色。
窓の外に視線を向ければ、青い空に黄色く月が輝いていた。

明日から私を取り巻く環境が変わっていく。
あの空に輝く月のように。

私はまだ知らぬ自分の未来に期待と不安感を感じなから、柔らかい車のシートへと身体を預け、ゆっくりと瞳を閉じた。

あの日、あの場所に行かなければ、一生アナタに会うことはなかったかもしれない。

アナタに会わなければ、こんなに胸が高鳴ることもなかったかもしれない。

アナタに会わなければ、私を支えてくれる人たちの存在や有り難さに気づかなかった。

アナタに会わなければ・・・。

私の頭を占めるのは、アナタ・・・

そう、京さんだけ。

こんなに人を愛おしいと思える日がくるとは・・・。




蝶のように羽を広げ

蝶のように飛び立ち

蝶のように羽を休める

アナタが傍に居てくれるなら、私は・・・。

『私は一人じゃない』



エピソード1・・・・・・END

0
  • しおりをはさむ
  • 979
  • 261
/ 149ページ
このページを編集する