修正中・・・SWALLOWTAIL ~butterfly~



「じゃ、行ってくる」

「行ってらっしゃい」

玄関先で眠い目を擦りながら、仕事に出る拓真を見送る。

「ちゃんと俺の電話は出ろよ」

「出れる時は」

「なんかあったら、俺か蒼に相談しろ」

「ん・・・」

「聞いてんのか?」

「聞こえてます。早くしないと橘さんにまた怒られるよ!!」

「おう、行ってくる。また連絡すっから」

「はいはい、運転気を付けてね!行ってらっしゃい」

扉が締まり部屋に静寂が訪れる。

玄関からリビングに移動し、ソファーに腰を下ろす。

目覚めてきちゃった・・・。

テーブルに置かれたマグカップを手にし、入れたてのコーヒーを口にした。

◆◆◆◆◆

昨夜、蒼さんのお店『BLUEMOON』を出た私達は、真っ直ぐ私のマンションに帰ってきた。

拓真は部屋に戻ると、スーツの上着を脱ぎ捨てソファーに深く腰掛ける。

「拓真、スーツ皺になっちゃうよ!」

私は床に落ちた上着を拾い、ハンガーにかけた。

「あ、わりぃ」

「ズボンは?」

「あぁ」

拓真は立ち上がると、ベルトに手をかけ外し出す。

「ちょっと!?ここで脱がないでよ!」

私は慌てて視線を逸らした。

「あ?今脱げって・・・」

「寝室で部屋着に着替えてきて!」

「んだよ、別に減るもんじゃねぇし」

「そういう問題じゃないの!」

「はいはい」

拓真はだるそうに寝室に向け歩き出した。

0
  • しおりをはさむ
  • 983
  • 261
/ 194ページ
このページを編集する