SWALLOWTAIL ~butterfly~【完】番外編完結

「…あ、あの…」

「なんだ? まさか、俺に言えねぇとこにでも行ってたのか!?」


拓真の表情や声に圧倒され、言葉を詰まらせる私を見て、拓真は少し慌て始めた。


「優! 大丈夫か!?」

「え?」


拓真は私の両肩を掴み、真剣な表情で覗き込む。
眉間の皺は消えていた。


「あいつに無理やり連れてかれたのか!?」

「へ?」

「あの野郎、いい度胸してやがる。ただじゃおかねぇ」

「は?」


拓真の眉間には再び皺がより、声もドスの効いた低いものになる。


「俺の優に手を出すなんて、ぶっ殺してやる!」


どうやら、拓真は誤解をしてるらしい。
私の肩から手を離し、ポケットから携帯を取り出すと、立ち上がった。


「ちょ、ちょっと!!」


どこかに電話を掛けようとしている拓真を必死に止める。


「拓真、待って!」


私は拓真が手に持つ携帯を奪い取った。


「あ゛? 何してんだ?」


いきなり携帯を奪われた拓真は、怪訝な表情で私を見ている。

0
  • しおりをはさむ
  • 932
  • 240
/ 358ページ
このページを編集する