SWALLOWTAIL ~butterfly~【完】番外編完結

エピソード1 /2

『ガシャン!』

「っ!?」

里緒から私の評判について教えられていると、学食の入口付近から大きな音が聞こえた。


― え?ガラスが割れた音?


「えっ?なに、なに?」

熱く語っていた里緒も、音のした方を見ている。


まだ食事していた生徒たちも、私達と同じ方向を向いていた。


―…またケンカか…。


この学校ではよくあること。
血の気の多い子が多いから殴り合いなど日常茶飯事。


― 怪我してないといいけど。


入口を見つめていると、赤い髪をした男の子が、こちらに走って来るのが見えた。


私達のテーブルまで来ると「渉さん、涼さん、食事中すみません」と丁寧に頭を下げる。


渉は、「少しここで待ってろ」と言うと、
涼と赤い髪の子と3人で入口の方へ向かって行った。

0
  • しおりをはさむ
  • 931
  • 238
/ 358ページ
このページを編集する