SWALLOWTAIL ~butterfly~【完】番外編完結

エピソード4 /4

自分の意志とは裏腹にポロポロと零れ落ちる涙。


昨日から変だ。
両親が亡くなった時に泣きじゃくり、涙なんて枯れてしまったと思っていたのに…。


でも昨日も今も悲しくて泣いている訳ではない。


― 『好きだ』…。


京さんの声、言葉が頭の中で繰り返される。


―…京さんが私の事を……好き?


“ギュッ”


私の胸が何かに締め付けられる。


今まで無くしていた感情が胸に溢れてきた。


― 嬉しい…


こんな幸せな気持ちになったのは初めてだ。


京さんは私の存在を認め、闇から救い出し、大切な事に気付かせてくれた人。


そして私が初めて、


……好きになった人。



0
  • しおりをはさむ
  • 940
  • 243
/ 358ページ
このページを編集する