SWALLOWTAIL ~butterfly~【完】番外編完結

エピソード4 /5


―――…
――…
―…


「――う…優、起きろ」


遠い意識の中、私の名前を呼ぶ声が聞こえる。
知らないうちに寝てしまっていたようだ。


「……う…ん」


閉じてしまっていた瞼をゆっくり開いていく。


「……ん」


辺りが暗くなっているせいか、ナビのモニターの明かりが少し眩しく感じる。


「着いたぞ」

「……え?」


窓の外を見れば、見慣れたマンションの玄関。


「……家だ…」


途中で寝てしまった為マンションの場所の説明はしていない。


―…本当に家知ってたんだ…


寝ぼけながらも京さんの言う情報というやらに少し驚く。


「…わりぃな。もう少し寝かしてやりてぇんだが…」

「ん?」


視線を窓から声の聞こえる方に向ける。
そこにはキャラメル色の髪以外、闇に溶け込み始めた京さんがいた。

0
  • しおりをはさむ
  • 936
  • 242
/ 358ページ
このページを編集する