SWALLOWTAIL ~butterfly~Ⅱ

「淳、優も京もこう言ってんだ。見守ってやろーじゃねぇか」

「・・・、わかったわ」


淳ママは観念したように呟いた。


「京、もし優を傷付ける事をしたら、私たちが許さないわよ!」

「あぁ」

「賢パパ…、淳ママ…」


二人が認めてくれた嬉しさに、涙が込み上げてきた。


「優!何泣いてんの!」


そう言うと淳ママは私をギュッと抱きしめてくれた。
暖かい温もりを感じる。


「こんなんで泣いてたら、極道の女なんて務まらないわよ!」

「…うん。ありがとう」

「京に泣かされたら、すぐに私に言いなさい!私が懲らしめてやるから」

「う、うん…」

「幸せに、なるんだよ?」


私を見つめる淳ママの真っ直ぐな瞳には、キラリと輝くものが浮かんできていた。




0
  • しおりをはさむ
  • 460
  • 243
/ 134ページ
このページを編集する