SWALLOWTAIL ~butterfly~Ⅱ

それから仕切り直しと、再び宴会が始められた。


静寂に包まれていた部屋に賑わいが戻る。


淳ママが腕を奮って用意してくれた食べ物は、どれも美味しかった。


「ほら、優も飲みなっ!」と、お酒の入って上機嫌になった淳ママにビールを勧められたけど、やはり苦手でひと口飲んだ後は代わりに京さんが飲んでくれた。


久々に会う組の人達とも話した。


昨日少しだけ会ったアキちゃんは、泣きながら私が再び藤堂家に戻って来た事を泣いて喜んでくれた。
それにつられて私の目にも涙が浮かぶ。


みんな優しくて、面白くて、昔と変わらず接してくれる。
それがとても嬉しかった。


再びここに来る勇気をくれた、京さんと渉に心から感謝した。



部屋中に溢れる笑顔と笑い声。
こんなに笑ったのはいつぶりだろう。




そんな中、一人笑っていない人がいた事に私は気づけなかった。


0
  • しおりをはさむ
  • 460
  • 244
/ 134ページ
このページを編集する