SWALLOWTAIL ~butterfly~Ⅱ

エピソード1 /5




「・・・凄い」


私は思わず声を漏らす。


京さんの部屋に入るまでの道のりは驚きの連続だった。


厳重なセキュリティが施された入口。


エレベーターで押された階は最上階。


どうやら、最上階には二つの部屋しか無いらしく、ひとつは京さんの部屋、もうひとつは龍神会の方たちが寝泊りする部屋らしい。


案内された京さんの部屋は、半端なく広かった。


「優ちゃん、そこに座っといて」


まるで自分の部屋のように振舞う秀さん。


リビングにある、高級そうな黒い大きいソファーにそっと腰を下ろす。


私の隣には、京さんが座った。


0
  • しおりをはさむ
  • 460
  • 243
/ 134ページ
このページを編集する