【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /27話「ケイとクロ」

 








 


クロ「…そんな理由で、剣を使わなかったのか?」



ケイ『…ん。』



クロ「……なんて、女だ。」



ケイ『…女に負けた気分は?』



クロ「初めて負けた相手が、貴様で…よかった。」



ケイ『……。』



クロ「…お前、気に入った。」



ふいに、起き上がってそんなことを言った。



クロ「貴様は、俺が唯一認めた相手だ。名前が知りたい。」



ケイ『…ケイ。』



クロ「なッ……まさかとは思うが…あの強者揃いの闘技大会で、100連勝を成し遂げた……」



ケイ『すごい…何で知ってるの。』



クロ「ああ、そうだったのか…それなら先程の蹴りといい拳といい、納得がいく…思わぬところで大物に出くわすとは……」



ケイ『そんなに有名人…?』



クロ「そりゃどうだ。まさかそれが、こんな小さな子どもだったとは…。」



ケイ『小さな子ども…アキオと同じこと言ってる。』



クロ「何だと!?あんなクズ野郎と一緒にするな!反吐が出る!」






その時、庭の遠くからアキオが走り寄ってきた。



アキ「お~い!」



クロ「噂をすればそのクズ野郎だ。」



ケイ『うん…。』



アキ「お前ら二人してひでーな…って、クロの身体どうしたッ!?めっちゃ傷だらけでボロボロじゃん!」



クロ「お前のところの騎士にやられたのだ。悪いか?」



アキ「え…ってもしかしてケイがやったのか!?」



クロ「容赦のない蹴りと拳がかなりキタな……こんなに敗北を味わったのは初めてだ。」



アキ「ま、マジで…?〝あの〟クロを……ウソだろ?」



クロ「何回言わせんだクズ野郎ッ!」



ドカッ!



アキ「いってーッ!?って急に!?」



クロ「女騎士、よくこのような主人と一緒にいられるな?」



ケイ『…主人じゃない。』



クロ「では何だと言うのだ?……まさか、恋仲ではないだろうな?」



アキ「あのウブなクロが、恋仲なんて言葉を口に…。」



クロ「ウブとは何だクズ野郎ひゃっぺん死ね!」



アキ「ひっでー…」



クロ「おい、女騎士。どうせこのクズ野郎といてもつまらないだろう?俺の屋敷に住まないか?」



アキ「は!?クロさん何言ってくれちゃってんの!?」



クロ「うるせえ黙ってろその口塞ぐぞ!……とにかく、このクズ野郎の屋敷ほど規模は大きくはないが、トレーニングルームだってある。」



ケイ『……。』



アキ「ケイ!駄目だ!そんな話、乗るなよ!?」



クロ「何より、俺と一緒にいれば……毎日俺が相手になってやるしな。」



アキ「は!?クロ何言ってんだよ!卑猥卑猥!」



クロ「卑猥などと、貴様さっきから何を言っている?これは稽古の話だ。何でもかんでも卑猥と思い込むのは貴様の脳味噌が沸いている証拠だ。」



アキ「何にしてもダメだから!確かに頭は沸いてるかもしれねえけどさあ!ケイはこの家の騎士・護衛なんだよ!」



ケイ『…帰ろ。』



すると、屋敷内から使用人たちが駆け出してきた。



エミリー「ケイ様~!ご無事でしたか~!」



爺や「ケイ様あああああ!!お怪我は…ぬあああああああ!?」



モニカ「クロ様がこんなに怪我を負われるなんて…!」



マリエ「さすがケイさんですね♪」



クロ「おいアキ、俺の治療をしろと使用人たちに命じろ。俺はこの通り重傷だ。」



アキ「あ、それもそうだな…。誰でもいいから、ちょっとクロの手当してくれるか?」



使用人たち(((アキ様申し訳ありません怖くて無理です逃げます!!)))



アキ「あれ?全員走って逃げていくぞー…。なーんだ、よっぽどクロのことが怖いのか♪」



クロ「ふん、腰抜けどもが…じゃあお前でいい。やれ。」



アキ「えええ…俺そんなことやったことないんだけど!」



クロ「治療もできないのか、お前は一体何ならできるんだ?」



ケイ『……私がやる。』



アキ「え!?ケイ、治療なんてできるのか…?」



ケイ『昔よくやってた…。それに、その人の左腕、それから肋骨…折れてると思うし……』



アキ「ま、マジで…?お前手加減なしかよ…こええ。」



クロ「手加減なんてしたらこの俺が許さねえからな。本気でかかってくるヤツの方が俺は好きだ。」



アキ「それでいいのか!?」










 
 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する