【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /32話「逆お姫様抱っこ効果」







 
爺や「アキ様~、ケイ様~!」



アキ「お、爺や!」



ケイ『爺や。』



クロ「あ?」



爺や「ほ、ほああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッ‼‼‼???」



何故爺やが奇声を発したのかと言うと。



※そこにクロがいるのに気付かず、しかもケイにお姫様抱っこされているところを見てしまったからです。



アキ「爺や!?おい大丈夫か!?」



ケイ『爺や、今日は失神しないのか。』



クロ「何かと思えば、アキの執事か。」



爺や「ふぁ…!クロ様…!」



クロ「何だ?お前もやっぱり俺が怖いのか?」



爺や「確かに、クロ様は恐ろしくて……身震いもするほどに!ですが、今のクロ様は……」



爺や「ケイ様にお姫様抱っこをされておられる!!そんなお姿は怖さも半減しておりますわい!」



クロ「な……」



アキ「……ぶっ!」



クロ「てめえ、クズ野郎……なに吹いてんだ。」



アキ「いや、確かにケイにお姫様抱っこされてるクロって……なんか可愛いんスよね♪」



クロ「てんめえ……」(激怒)



アキ「まさに!逆お姫様効果ッ!!」



クロ「くっそ!ケガさえしてなけりゃこんなヤツ!」



ケイ『ごめんなさい……私のせいでアキを蹴れず殴れずにいるんだよね。』



アキ「ケイ、反省するところおかしいぞー♪」



クロ「お前がそう気に病むことでもない。すぐに回復して、このクズ野郎を…」



アキ「何か物騒なこと言おうとしてる……」



・・・・・・



( 翌 朝 )



ガチャ…



クロ「……何だ、またお前か。」



ケイ『あれ、起きてる。バイオレンスお兄さんは早起きなのか。』



8時頃、ケイはクロの部屋を訪れていた。



クロ「もう6時からずっと起きているぞ。」



ケイ「早いね、アキなんかいつまでも寝てるし。」



クロ「あんな怠惰の塊のようなクズとは違うからな。」



ケイ『うん、確かに。』



クロ「だろう。」



ケイ『じゃあ、皆のところに行こう。朝食の時間だから。』



(グイッ)



クロ「なッ…何でだ。この家の奴らは全員、俺のことが……」



ケイ『…それでも行くの。』



クロ「俺がいたら、空気が悪くなる。それだけじゃない、周りの人間の気分も悪くなるし、傷つけるだけだ。」



ケイ『大丈夫だよ、お兄さん。私がいるから。』



クロ「……。」



・・・・・・



(食事の席)



爺や「ケイ様は今日は遅いですね…アキ様は毎度ながらあれですが…」



セラ「ケイってば、寝坊でもしたのかしら…」



エミリー「ええ!あのケイ様が!?」



モニカ「私、見てきましょうか?」



マリエ「ふふ、その必要はないみたいですよ♪」



爺や「おや……ほぁあッ!?」







セラと使用人たちの目の先には…



アキ「ふああ…ねっむ~。」



クロ「おい、てめえ。朝からみっともねえぞ。」



ケイ『スミマセン、遅くなりました。』



眠そうにあくびをするアキと、ケイにお姫様抱っこをされたクロがいました。






セラ「な…!?何で、あの男が……」



エミリー「し、しかも、何でケイ様にお姫様抱っこ状態なんですの!?」



モニカ「な、何か……ちょっと可愛い、かも?」



マリエ「あらあら♪ケイさんってば殿方を抱きかかえるなんて力持ちさんですねえ♪」



爺や「クロ様……よっぽどケイ様に抱きかかえられるのがお気に召されているのですねッ!」



ケイ『ほらね。言った通りでしょ。』



クロ「……ああ。」



アキ「皆あれほど怖がってたのに、クロのこと大丈夫になったみたいだな♪」



・・・・・・



アキ「……あれっ?何か皆クロの周り避けてねっ?」



(※セラ様と使用人たちは、やはりまだクロが怖いようです。)



セラ「アキ?一体何を言っているのかしら。」



エミリー「せ、セラ様の言う通りですわ!」



モニカ「へへ…へへへ…?」



マリエ「あら、そんなことはありませんよ♪」



と言いつつ避ける皆さん。



爺や「爺やはッ!爺やはッ!決してそのようなことはありませんぞッ!」(ガクブル)



ケイ『爺や、すごい震えてる……寒いの?』



アキ「いや、明らかに恐怖で身震いしてるんだ、爺やは……」



ケイ『ありゃ。』








  
 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する