【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /33話「少女に見惚れた暴君」(※イラスト付き)












 
クロ「……。」(もぐもぐ)



ケイ『…やっぱりまだ食べずらそうだけど。』



クロ「あ?別に、大丈夫だ。」



ケイ『…はい、あーんして。』



クロ「…?あーー…」



(パクッ)



エミリー「なッ!ケイさま!?一体いま何を…」(ガタッ!)



セラ「う……ッ」(バタッ!※動揺して転倒)



爺や「せ、セラ様ああああああああああああああッ‼!??」



モニカ「あーんって……今、あーんってしたの!?」



マリエ「あらあら♪」



ケイ『…私がケガさせたから。やむなく。』



使用人(((あのクロ様に敵う人材がいるなんて……)))



クロ「そういうことだ。気にするな。」



エミリー「だ、だからって、そんなの…!ちょっとアキ様!あなたも何か言って…」



アキ「ケイもクロも、朝っぱらから大胆だなー♪」



エミリー「!?」(ズデッ‼)



セラ「あ、アキ……あんた、悔しくないの?」



アキ「ん、何がだっ?」



セラ「だから!あの男にケイを…!」



アキ「ああ、いいんじゃね♪見てて微笑ましいし、何か可愛いじゃん?」



セラ「な……」



エミリー「アキ様、見損ないましたわ!最初からほぼ見損なっていましたけれど!」



アキ「はあ!?」



モニカ「ケイちゃんを取られてもいいって言うんですか!?」



アキ「え?」



マリエ「アキ様、ほんの少し、お耳を拝借してもよろしいですか?」



アキ「はい。」



マリエ「今こそクロ様に言うべきです…。‶そいつは俺のだ〟と…。」



アキ「…えっ?」



マリエ「ふふっファイトですよ♪」



アキ「あ、あのー?マリエさん?」



ケイ『ふう……お腹いっぱい。』



クロ「じゃあ部屋に戻るぞ。また運んでくれるな?」



ケイ『うん。』



クロ「本当に重くないのか?」



ケイ『…もっと食べるべき。』



クロ「そうだとしても、確認せずにはいられなくてな。」



エミリー「あああああ…!私のケイ様がああああ…!!」



セラ「ケイを取り戻したいのに、あの男が怖くて…近づけない自分が憎い…!」



爺や「私も同じ気持ちでございます…!」



アキ「何だよー皆………そんじゃ、俺が取り返してきますか♪」



セラ「アキ……頼んだわよ。」



アキ「おう♪……任せろ。」







・・・・・・



(廊下 ※移動中)



クロ「女騎士、今日は何をする予定だ。」



ケイ『んー……見回りと、剣の稽古と…鍛錬。筋トレ。食事。』



クロ「女の1日のスケジュールとは程遠いな。」



ケイ『…そうなの?』



クロ「ああ、そうだ。」



ケイ『…直した方がいいの。』



クロ「いい。お前はそのままでいろ。」



ケイ『…分かった。』



クロ「ああ、それから。見回りと鍛錬の時は必ず俺を連れていけよ。」



ケイ『それだと1日中お兄さんをお姫様抱っこして歩くようじゃん。さすがに肩凝るんだけど…』



クロ「馬鹿か、その時はちゃんと歩く。」



ケイ『そうして。』



パタパタパタパタ…!



ケイ『…後ろから、何か……。』



クロ「ん?」



アキ「ちょ~っと待った~~ッ!!」



ケイ『』



クロ「」



アキ「ゼエ、ゼエ…ッ。」



ケイ『アキオ…どうしたの。』



クロ「体力がなさすぎんだよ男のくせに。」



アキ「うっるさい!……てか、何で追いかけてきたんだっけ?」



マリエ(ああ…アキ様、大事な台詞忘れてますよ…)



アキ「んー…何か思い出せないのって気持ち悪りいなー……ま、いっか♪」



(※アキは鼻歌を歌い、来た道を引き返した。)



クロ「何だったんだ…あのクソ能天気野郎。」



ケイ『…さあ。』







・・・・・・







( 庭 )



クロ「武術はもういいから。」



ケイ『…ん?』



クロ「貴様が剣の稽古をしているところが見たい。」



ケイ『…分かった。』







































クロ「……。」



ケイ『…これでいいの。』



クロ「ああ…」



ケイ『?』



クロ「いや…何でもねえ。ただ、見惚れてただけだ。」



ケイ『……。』



クロ「何か言えよ…」








  
 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する