【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /34話「俺も混ぜろ」



 
クロ「何か言えよ…」



ケイ『……。』



クロ「言えっての…気まずくなるだろ。」



ケイ『はあ…何か、なんて言っていいか分かんない。』



クロ「分かんねえなら分かんねえってそう言えよ…」



ケイ『じゃあこの際言わせてもらうけど、‶何でもねえ〟と言いつつ、‶見惚れてただけた〟とか意味分かんないんだけど。』



クロ「お、お前ッ!恥ずかしいセリフぶり返すんじゃねえよ!そのまんまの意味だろうが!」



ケイ『えー…こっちはただ剣振り回してただけなんだけど。』



クロ「…と、とにかくだ。見惚れたっていうのは事実だから素直に受け止めろよ。その…一応、褒めてんだし?」



ケイ『はあ…どうも。』



クロ「何だ女騎士、全然嬉しそうじゃねえな?」



ケイ『そう?……いつもこんなだけど。』



クロ「可愛いとか綺麗とか言われた方が嬉しいのか?女ってだいたいそうだよな。」



ケイ『鳥肌立った……』



クロ「お前は例外なようだな。そこらへんの女とは違うわけか。」



ケイ『女扱いしなくていいから。男みたいなものだから。』



クロ「ああ…確かに、あのクズ野郎よりも男前だな。」



ケイ『まあアキオと違って顔も中身もイケメンだしね。』



クロ「……いや、可愛いの間違いだろ。」



ケイ『いやいや。お兄さんの方が可愛いと思うけど。一見はね、ただのつっけんどんだけど。照れて赤くなったり可愛…』



クロ「ッ!?可愛い、だと…」



ケイ『可愛いなんて怒った?だったら謝るごめんなさい。』



クロ「いや、そうじゃねえ…なんつーか。お前に言われるのは嫌な気はしねえな……」




ケイ『……。』



ズドドドドドド…‼‼



クロ「何だ、この音は…」



ケイ『足音…?』



アキ「ちょっと待ったああああああッ!!」



クロ「なッ、てめえ…また邪魔しに!」



マリエ(アキ様、いい感じです♪その調子で…)←遠くの物陰から見守るメイド、マリエ。



アキ「クロッ!」



クロ「何だクズ野郎。」



マリエ(そうです、そこで私がお教えした‶あの言葉〟を…♪)



アキ「お前ばっかずりいぞ!俺のことも混ぜるッスよ!」



クロ「……はっ?」



ケイ『……。』(お腹減った…)



マリエ(アキ様、全然違います…そこは、‶ケイは俺のだ!〟でキメる約束で……)



クロ「呆れて物も言えないぞ、クズ野郎。」



アキ「あっれー?おっかしいな~…このセリフで合ってるはずー……そうだよな?マリエさん!」



マリエ「……。」(何で私が物陰に潜んで伺っているとお分かりになったのでしょう…)



クロ「何だ、お前のメイドはあんなところに隠れて何をしているんだ。」



アキ「さっきからずっと見てたんだよ~。な、マリエさん?」



マリエ「…ふふ、アキ様、何のことでしょうか?♪」



クロ「クズ野郎…あなどれねえな。」



ケイ『……。』(甘いもの食べたい…)



アキ「ケイ、どーしたー?甘いもの食べたいって顔してるぞ♪」



ケイ『え、何で分かったの。アキオ。』



アキ「さあ、何ででしょう?」



ケイ『ヘンタイだから。』



アキ「うわひっでーな♪そんなに腹減ってるのか?」



ケイ『うん。』



アキ「んじゃ、街に何か食べに行こうぜ♪」



ケイ『行く…』



クロ「それなら俺も行く。」



アキ「お、クロも来るんスか?じゃあ3人で行くッスよ~!」



マリエ「……。」(アキ様…そこは断りを入れてケイ様と2人きりで行かれればよかったですのに……クロ様も連れて行ってしまうあたりはさすがと言いますか…)



マリエ「でも、そんな心優しい方に仕えることができて、私も幸せです、アキ様…」



・・・・・・



ケイ『フルーツパフェと、チーズケーキ……それからシュークリームも。』



アキ「俺はチョコケーキとコーラで♪」



クロ「イチゴのパフェを頼む。」



店の女「かしこまりました~」



アキ「てかクロッ!イチゴのパフェとかそういうキャラじゃないのにまさか好物なんスか!?ケイの頼みすぎなところは相変わらずッスけど…」



クロ「何だ、俺がイチゴのパフェを頼んじゃ悪いのか。」



アキ「あ、いやー…そういうわけじゃないんスけどね?てっきり甘いものは駄目かと思って…」



クロ「好きなものは甘いものだ。文句あるか?」



アキ「めっちゃ意外ッスけど……だったらケイと気が合うんじゃないスか?コイツも甘いものばっか食べるし。」



クロ「そうなのか?女騎士。」



ケイ『甘いもの、好き…』









 

  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する