【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /35話「三人一緒」






 

ケイ『甘いもの、好き…』




クロ「!」



アキ「あ~…クロ、今ケイの〝好き〟って言葉に反応したッスね~?」(ニヤ)



クロ「は?何言ってんだてめえ、してねえよ。」



アキ「あれ、珍しく怒って殴らないんスか?」



クロ「今は怪我人だからな。」



アキ「しっかし…まさかケイがクロに勝つなんて思わなかったッスね~」



クロ「お前な、コイツはただの女騎士じゃねえんだぞ?あの闘技場で100連勝を果たした最強の騎士だ。」



アキ「ああ、そういえばそうだったッスね!」



クロ「俺はてっきりもっとガタイの良い強そうな女を想像してたんだが……ここまでに小さい子どもだとは思いもしなかった。」



ケイ『暴力お兄さん、何だかんだ言って、言うことがアキオと似てるよね。気が合うんじゃない。』



クロ「何だと!?こんな脳みそもろくに詰まっていないカスカス頭と一緒にするな!」



アキ「カスカスって何スかカスカスって~!それに、俺の頭は常に色んなことでいっぱいなんスからね~!」



ケイ『どうせ卑猥なことを想像していつもニヤけてるんだろ。』



クロ「同じ男としてどうかと思うぞ…というより同じ男とも思いたくもねえ。」



アキ「そんなこと想像してねーしッ!二人して俺のこと一体何だと思ってんスか~!?」



ケイ『エロガッパ。』



クロ「クズの極み。」



アキ「ひっでえッス!!」



クロ「それよりも運ばれてきたぞ、俺たちのデザートが。」



ケイ『美味しそう、いただきます。』



クロ「……美味いな、最高だ。」



ケイ『んむ…』(もくもく)



アキ「三人で食べると美味いッスね~!」



クロ「てめえは邪魔だ、家にでも帰ってあのジジイと戯れてろ。」



アキ「じじい…?ってまさか爺やのことッスか!?」



クロ「ああ、そうだ。それとメイドも三人もいるだろ。女騎士のことは諦めてそのメイドたちとでも遊んでいろ。」



アキ「え~俺だってケイと遊びたいッスよ!」



クロ「駄目だ。俺がプライム家に滞在するからには1週間ずっとコイツは俺のそばにいてもらう。」



アキ「はあッ!?そんなん誰が決めたんスか!?」



クロ「俺だ。」



アキ「そんなことだと思ったッス!ケイに了承もなしに随分勝手ッスよ!」



クロ「ああ、そう言われればそうか。他の奴なら有無を言わさず言うことを聞いてもらうが、コイツは特別だからな。」



クロ「おい、女騎士。この1週間はずっと俺といろ。勿論退屈はさせねえ。添い寝付きでどうだ?」



アキ「はあ!?なーにさらっと変態発言してんスか!そんなのケイが許すわけ…」



ケイ『……。』(パフェに夢中)



クロ「でもほら、いいみたいだぞ?」



アキ「ただ話を聞かずに無言でパフェに夢中なだけでしょ!どんだけ都合のいい頭してんスかぁ!?」



クロ「ああ?何だと、クズ野郎の分際で俺に勝てると思ってんのか?」



アキ「怪我人がどう言っても負ける気がしないッスねえ?」



クロ「上等だクズ野郎、この一週間、この女を巡って勝負だ。いいな?」



アキ「上等ッス~、最後に笑うのはこの俺ッスよ!?」



ケイ『……。』(チーズケーキ、濃厚…)



・・・・・・



マリエ「あら、ケイさんとアキ様…それにクロ様もお帰りみたいですね♪って、あら…?」



ゴゴゴゴゴゴゴ……



モニカ「ひえ…何だかアキ様とクロ様がケイちゃんを巡って…」



マリエ「とても穏やかな空気ではないですねえ♪」



クロ「てめえは黙って靴でも舐めとけクズ野郎。」



アキ「お前は家に帰って可愛いスイーツでも食ってろよ♪」



ケイ『……。』



モニカ「やだ、すっごく不穏…!」



マリエ「アキ様、クロ様。」



クロ「あ?」



アキ「ん?」



マリエ「ここは一つ、私から提案です♪1週間のうち、どちらがケイ様をドキドキさせられるか…競ってみてはいかがでしょうか♪」



アキ「ど、ドキドキ…?ケイを?」



クロ「何だクズ野郎、自信がなくて怖気づいたか?」



アキ「そんなんじゃねえっての!」



マリエ「では1週間後…ケイさんにどちらがよりドキドキしたかを判定してもらいたいところですね♪」



ケイ『んー、分かった。』



アキ「えっ、お前いいのかよ!?」



ケイ『別に構わないけど。』



アキ(マジでー…そこは〝面倒だからヤダ〟とか言ってくれた方がありがたかったのにー…)



クロ(この女騎士…いつも無表情で無感情そうだが、そもそもドキドキするという感情はあるのか?)








 

  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する