【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /42話「淫らな行為」(※イラストあり)




 

クロ「……何だ、それなら俺もやったことがあるぞ。」



アキ「はっ?嘘、マジで…?さっきまでピュアだったクロが急に大人に見えてきた…」



クロ「大人?何でだ?」



アキ「え?だってほらやっぱ、そういうの経験してないと男として何かカッコ悪りいっつーか…」



クロ「ああ、確かにお前は格好悪いからな。俺は暇さえあれば毎日しているぞ。」



アキ「まい…にちッ!?」



クロ「何だ?そんなに驚くほどのことでもないだろ。ああ、お前は確か一度もやったことがないんだったな。俺の家に来ればいつでもできるぞ。まあお前などは呼ばずに、この女を呼ぶが。」



ケイ『……。』(もぐもぐ…)



アキ「なッ!?ケイだけは駄目だ!絶対に!」



クロ「俺がコイツをどうしようが俺の勝手だろ。それに、俺の屋敷にはもう俺の相手になるやつはいないからな。」



アキ「だ、だからって駄目だ!コイツはッ…俺のなんだから!」







ケイ『……。』



クロ「おい、その手を離せ。」



アキ「誰が離すかよ!」



クロ「ケイはお前のようなやつが相手にできるやつではない。俺が毎日相手になって、満足させてやる。」



アキ「なッ…お前、すっげーこと口走るな…///」



クロ「何を赤くなっている?」



アキ「と、とにかく!ケイは俺の家の騎士なんだから、お前には渡さないからな!」



セラ(アキ、そこは〝セラお姉様の騎士〟でしょうが!)



エミリー(というか、私たち…完全に空気ですわ…。)



マリエ(アキ様がとても頑張っていらっしゃる…アキ様ファイトです♪)



クロ「言っておくが、俺とケイはその淫らな行為というものをとっくにした仲だぞ?」



アキ「は……、えっ?」



セラ「な、何ですって!?クロ、あなたまでケイに手をつけたのね!?」



エミリー「ウソだと言ってくださいましケイ様あああああああぁぁぁぁッ!!」



アキ「け、ケイ…まさかとは思うけど…そのまさかなのか?」



ケイ『そもそも、淫らな行為って何…』



アキ「あ、こっちもピュアか…」



クロ「この間、俺としたばかりだろ?なのにもう忘れたのか。」



ケイ『?』



クロ「教えてやる。いいか、淫らな行為というのは…」



(ゴニョゴニョ…)



ケイ『ああ、そのことか。それなら確かにこの間…』



アキ「え、嘘だろ?お前らマジでそういう仲だったの?」



クロ「俺の怪我が治ったら、また俺が相手してやる。」



ケイ『でも、そのせいでその怪我だから、またやったらまた怪我するんじゃない。』



アキ「え?そういうことやって怪我ってどういうこと!?どんだけ激し…」



セラ「もうイヤ…もう何も聞きたくないわ……」



アキ「姉貴、大丈夫か!?」



エミリー「セラ様!」



マリエ「あらあら…」



クロ「どうした?格闘技くらいで大げさなヤツらだな。」



アキ「…えっ?格闘技…?」



クロ「淫らな行為とは格闘技のことだと、そこのメイドに教えられたぞ。」



マリエ「ふふ♪」



アキ「マリエさん、念のため聞くけど…クロになんて教えたの?」



マリエ「格闘技のことです、とお教えしました♪」










アキ「……ああ、そう。格闘技、ね…」



セラ「何だ、マリエの嘘だったのね…よかった…」



エミリー「飛んだ勘違いでしたわ~…」



クロ「何だ?淫らな行為とは格闘技のことじゃないのか?」



アキ「それはマリエさんの嘘だから!」



ケイ『違うの、アキオ。』



アキ「……ッ、っと~~…」(頼む!俺に聞かないで!///)



クロ「何だ、違うのか。では何なのだ。」



アキ「はは、なんだろー♪」



クロ「そんなに言えないことなのか。じゃあお前が実演してみろ。」



アキ「はあ!?じ、実演なんて、できるわけ…!」



セラ「ぷ、いいんじゃないアキ?〝一人〟でやってみせたら?」



エミリー「うわあすごい見ものですねセラ様!」



アキ「お、お前ら!」



マリエ「駄目ですよ、そんなにアキ様をいじめては♪」



アキ「マリエさん…!」



マリエ「それに、アキ様お一人ではできませんし、はい♪」



ケイ『…?』



マリエはケイを差し出してきた。



アキ「なッ!?」



マリエ「ケイ様と〝二人で〟なら出来ますでしょう?♪」



アキ「マリエさん!?ちょっとそれは…!」



クロ「何だ?淫らな行為とは二人でするものなのか?」



マリエ「はい♪特に、愛し合う二人がするものなんですよ♪」







 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する