【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /43話「ケイが選ぶもの」(※イラストあり)








 
クロ「な、愛し合う二人…だと?」



ケイ『……。』



アキ「は、はは♪」(もう笑うしかねえ…)



セラ「ちょっとマリエ!何をやっているの!?」



エミリー「そうですわマリエさん!」



マリエ「あら、だってその方が楽しいではないですか♪」



クロ「お前ら……愛し合っているのか?だから、その淫らな行為は愛し合っている者同士でやるものなのか?」



アキ「も、もうその話はいいからさ♪今日は天気もいいし皆でピクニックにでもー…」



ケイ『私とアキオは愛し合ってもいないし、実演もしない。』



アキ「ケイ…!よく言った!」



クロ「何だ、そうだったのか。聞いて安心したぞ。では午後は俺とその淫らな行為というものをやってみるぞ。」



アキ「はあ!?ちょっとナニ言ってんの!?」



セラ「発言を慎みなさいよこの暴力男!」



クロ「何でだ?愛し合っている者同士がすることなのだろ?」



アキ「いやだからってケイがお前を好きっていう自信はどこから来るんだよ!?」



クロ「そんなもの、俺がコイツを好きなのだから、コイツも俺を好きに決まっている。」



アキ「それはすごい理屈だな!?」



セラ「はあッ!?そんなわけないでしょう!ケイは私を主と認めているんだから私を好きに決まっているわ!」



エミリー「いいえ!そこは私でございますわ!ケイ様はよく私に〝可愛い〟などと言ってくれますもの!」



マリエ「まあまあ皆さん♪ここはドキドキ勝負の結果もかねて、ケイ様に答えてもらってはいかかですか♪」



セラ「そうだわ!その勝負の結果も聞きたいところだったし!」



エミリー「数日に渡った熱いバトルも終わりですわね!」



クロ「どうせ勝つのは俺だが、ケイの言うことなら耳を貸す。」



アキ「俺、参加してなかったから部屋に帰って寝てもいいかー?」



セラ「そういえば!アキは何で参加しなかったのよ!」



エミリー「そうですわ!普段あれだけケイ様のおそばにいながら何故ですの!」



クロ「負けるのが怖くて逃げたんだろうが。」



アキ「いやー…だって、ケイが俺なんかにドキドキするとか有り得ないっしょ♪」



セラ「そういえばそうね、聞いてごめんなさいアキ。」



エミリー「確かにその通りですわ…」



クロ「当然か。」



アキ「皆してひでえよ!」



マリエ「はいっ♪ではケイさん、勝負の審査をお願いします♪」



ケイ『ん……。』



セラ(私よね、ケイ!あなたの主は私だけなんだから!)



エミリー(ケイ様…!私とのめくるめく日々に賞賛を…!)



クロ(当然だが、俺を選ぶんだろうな?)



アキ(…なんか、それぞれの思惑がダダ漏れなんだけど!?)



マリエ(うっふっふ…ケイさんはきっとあの方を選ぶに違いありません♪)



ケイ『今回のドキドキ勝負……誰にもドキドキしなかった。』



ケイ他一同「「「「……えっ?」」」」



セラ「ど、どういうことケイ!」



エミリー「ドキドキしないだなんてまさか!ケイ様、心肺停止状態なんじゃ!?」



クロ「ウソなんてつかなくていいぞ。本当は俺にドキドキしっぱなしだったのだろう?」



※ケイの手を取るクロ。



ケイ『本当だよ。』



クロ「!?」ピシッ



アキ「あっははっ!おっもしれえ…お前は絶対そう言うと思ってたよ、ケイ。」



ケイ『うん。』



マリエ「あらあら…ということは、勝者は誰もいないんですね…つまらないです…」



ケイ『ああ、でも。一緒にいたいって思ったのは…』

















ケイ『……アキオ。』















クロ「なッ……」



エミリー「はああああああああッ!?」



セラ「う、嘘よね…ケイ?ねえ、嘘だと言って?」



ケイ『私は真実しか言いません、セラ様。』



セラ「いやああああああああああああああああああああああッッ‼‼‼‼」(失神)



爺や「せ、セラ様あああああああああッ‼‼」



マリエ「ま、まあ、何はともあれよかったですね、アキ様♪」



アキ「……。」



マリエ「アキ様…?」



クロ「てめえクズ野郎!ケイに催眠でもかけたのか!?ほれ薬でも盛ったのか!?そうでもないと俺は認めないぞ!」



アキ「いや、俺も信じられねえっつか…」



クロ「じゃあ、催眠をかけているわけでもなく、ほれ薬を盛ったわけでもないんだな?」



アキ「そんなことしねーよッ!」







 

  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する