【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /44話「ついに?」(※イラスト)





 

 
クロ「お前、ケイにあそこまで言わせるなんて、一体どんな手を使ったんだ?」



アキ「どんな手も何も…んなもん使ってねえよ!」



クロ「そうか…じゃあ、ケイの頭がどうかしたのだな。」



アキ「どんだけ認めたくないんだよ!?」



クロ「おい、ケイ。」



アキ「さらっと無視しないで!あ、でも無視されるのもちょっとそそるかも…なーんてっ♪」



クロ「うるせえ黙ってろクズ野郎。」



アキ「」



ケイ『何、クロのお兄さん。』



クロ「お前、頭大丈夫か?」



ケイ『いたって正常だけど…その聞き方はバカにしてる?』



クロ「え、あ、いや違う!そうではなく!俺がお前をバカにするわけないだろ!」



アキ(あのクロが焦ってる……おもしろ!)



クロ「その、さっきの言葉は本当に本心なのか?」



ケイ『…そうだけど。』



クロ「く…ッ!こんなヤツのどこがいいんだ!?」



ケイ『んーー……』



アキ(なんて答えるんだ!?ドキドキ…!)



ケイ『好きかと聞かれると嫌い。』



アキ「うッ!?」(グサアッ‼)



クロ「そうか、よし。それでいいんだ。お前は俺のことを好きでいれば…」



ケイ『…でも、一緒にいたいと思ったのはアキオ。』



トトトト…



ケイは、アキの方に歩み寄り、アキにしがみついた。



アキ「………」







アキ(何これ意味分かんない!ケイが俺にしがみついてる!?)



アキ(でも身長差激しすぎて見下ろすのキツい!)



クロ「なッ…。ケイ、今すぐクズ野郎から離れろ!」



ケイ『イヤ。』



アキ(あのケイが嫌って言ってる!)



クロ「頼むから離れてくれ!さっきからクズ野郎がニヤけまくってて気色悪りいんだよ!」



ケイ『……ああ。』



フイッ



アキ「ひっでえな気色悪いとは!」



クロ「おい、アイツにはもう近づかない方がいいぞ、ケイ。お前に何をしてくるか分からん。」



ケイ『えー…』



クロ「絶対にダメだ!近づくなら……俺にしとけ。」



ケイ『……。』



クロ「何を黙っている?そこは〝うん〟だろ?まさか照れているのか?」



アキ「どう見ても嫌がってる顔だろ♪」



クロ「うるせえ黙ってろクズ野郎。」



アキ「……なあ、ケイ。」(小声)



ケイ『?』



クロ「だいたい、てめえはいつもケイと一緒にいられるからいいだろ。俺はあと数日しか一緒に……って、二人がいないぞ?」



※アキとケイはその場から脱出を謀りました…。

















(二階の廊下)



アキ「はあ~……脱出せいこーう♪」



ケイ『クロのお兄さん、けっこう隙だらけ。』



アキ「はは、案外な♪」



ケイ『ん。』



アキ「……あ、そうだっ。今日も来るだろ?俺の部屋。」



ケイ『まるで行くのが当たり前みたいな言い方。』



アキ「いいんだよ!てか来いよ?絶対な?」



ケイ『はいはいはいはい。』



アキ「よっしゃ♪」



くしゃっとした笑顔で嬉しそうにしているアキオ。



アキオも、私と一緒にいたいと思ってくれているだろうか。



アキ「じゃあ、夕飯行こうぜ!今日は何だろなー♪」



・・・・・・






0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する