【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /47話「ひざ枕」(※イラストあり)





 
ケイ『……靴、舐めれば満足?』



クロ「いやっ!違うんだ!聞いてくれ!俺はアキが1番だと思ってそう命令しただけで、何もお前が…!」



アキ「そ、そうだぞケイ~?マジでやる必要なんてな…」



ケイ『だって、王様の言うことを聞くゲームなんでしょ。それに、靴の一つや二ついくらでも舐めても私はかまわないし。』



クロ「な…ッ、お前本気で言ってるのか…?」



アキ「やばいケイはそういうヤツだったー!」



ケイ『じゃあ、失礼…』



クロ「ば…ッ!早まるな!お前がそんなことする必要なんてないんだ!俺が悪かった!悪かったから頼むやめてくれ!」



アキ「うわーケイッ!だめ!だめだっつーの!」



クロ「ああああああああああああああッッ!!?」



(※どうなったかは、ご想像にお任せします。)



3人「「「王様だーれだっ」」」



アキ「おっ♪俺だ~。」



アキは満足そうな顔でニカッと笑っている。



クロ「チッ!」



アキ「クロさん、舌打ち大きくない?」



ケイ『早く命令してくんない。』



アキ「ケイはそんなに命令されたいのかー?従者のサガってやつ?」



クロ「3人で王様ゲーム……」(ボソッ)



アキ「んじゃーえーっと…2番が俺にキスな♪」



クロ「死ねクズ野郎ッ!!」



アキ「あはっ♪クロだったか~。」



クロ「誰がてめえなんかに…んなことするかッ!!」



アキ「ほらほら~、そういう反応するから余計恥ずかしくなるんだぞー?ケイみたいに素直に言うこと聞いてればー…」



ケイ『プライドなんて捨てることだ。』



クロ「くっ…!」



アキ「そういう屈辱的な顔されると、こっちは盛り上がっちゃうんんだよなー♪」



ケイ『アキオって結構無自覚なS…?』(ボソッ)



クロ「……誰がッ!」



ケイ『クロのお兄さんは意外や意外でM…?』(ボソッ)



アキ「はい、クロちゃん!いつでもほっぺにどーぞ♪」



クロ「な…ッ!?きっしょくわりい…!」



ケイ『同意見…。』



アキ「ほらほらぁ、早くしないとずーっとこのままだぜー?」



クロ「ぐッ…!」



(※こちらもご想像にお任せします。)



ケイ『………何か、おぞましいものを見た。』



3人「「「王様だーれだっ」」」



アキ「おっ、また俺だ♪」



クロ「おいどうなってんだこのクジ!?さっきからお前ばかり王様になりやがって!」



ケイ『……。』



アキ「んー?そうかー?そんじゃあ命令は、2番が1番にひざ枕でッ♪」



クロ「……ああ、2番は俺だ。」



ケイ『1番…。』



アキ「おー♪いんじゃねいんじゃね♪」



クロ「仕方ない…お前なら、ひざ枕してやってもいい…ぞ。」



ケイ『ん、じゃあお願い…』



ケイはそう言うとすぐさまクロの膝に猫のようにゴロンと寝転がった。



クロ「…ッ!?」



アキ「おいおい顔めっちゃ赤けえぞダイジョブかー?(笑)」



クロ「う、るせえッ…!」



アキ「ケイ~、クロのお膝は気持ちいいかー?」



ケイ『ん…。』



アキ「……何か、猫みてえだな。」



クロ「飼い主はもちろん俺だ。」



アキ「あーはいはい♪」



クロ「……。」(ナデナデ)



ケイ『んー…。』



クロ「ナデナデされるのが気持ちいいのか…?」



ケイ『……。』



アキ「あっれー?もしかして、ケイ寝ちまったんじゃね?」



クロ「な、何だと…ずっとこの状態でいろというのか!?」



アキ「そういうことになるなー♪俺知~らねッ☆」



クロ「……。」



アキ「生殺しってこういうこと言うんだろーな♪」



クロ「何だ、その生殺しというのは?」



アキ「クロちゃんは知らなくてもいいぜ~」



クロ「ムカつくヤツだな…」



ケイ『Zzz…』













・・・・・・



アキ「番外編いっきまーっす!」



マリエ「もしも、ケイさんとアキ様の立場が逆だったら…♪」











ケイ『アキオ、執事のつもりなんだろうけど、スーツ全然似合ってない…。』



アキ「ひでえ!今のめっちゃ傷ついた!」



ケイ『今日は立場が逆転してるんだから、アキオは私の従者。敬語も使う、様もつける。』



アキ「んじゃあ……ケイ様♪」



ケイ『やっぱり鳥肌立ったからいつものでいい。』



アキ「えー素直じゃねーなー?…本当は、すっげえよかったくせに。」



セラ「私のケイに変なこと言ってんじゃないわよー!!」



アキ「すんませーん♪」







 


 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する