【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /50話「好きの認識」





 


アキ「あ~、クロも自分の屋敷に帰っちまったし~…。つまんなくなるな~。」



ケイ『そうだね。』



アキ「あらっ?珍しいじゃんケイ!そんなこと言うとか!クロのこと、けっこう気に入ってんの?」



ケイ『まあ。』



アキ「そうかあ、ならよかったよ!アイツ、俺の唯一の幼馴染だから、お前がクロを気に入ってくれるなら俺も嬉しい♪」



マリエ「アキ様?そこはそうじゃありませんよ?」



アキ「えっ!?マリエさん!?」(いつからそこに…!?)



マリエ「そこはこう!〝アイツのことなんて見るな…お前は、俺だけ見てろ〟……といった感じで♪」



アキ「え?ナニソレどゆこと?」



マリエ「ふふ、ケイさんの心を射止めるには、こういった言葉も必要かと思いまして♪」



アキ「そういえばマリエさん、いつからいたんだっ?」



マリエ「まあ、それはいいではないですか♪それより、どうぞお二人でお話を続けてください、うふふ♪」



ケイ『それはいいからご飯が食べたい…。』



マリエ「あら…お腹が空いているんですね?今すぐランチの準備をしてきますから、待っていてくださいね、ケイさん♪」



そう言って、マリエさんはその場をあとにした。



アキ「何かよく分かんねえけど~…。」



ケイ『ん。』



アキ「あー…これでー…やっとー…。」



ケイ『?』



アキ「……二人っきりだな♪」



ケイ『アキオ…。』



アキ「えっ?」



ケイ『何を今更…気持ち悪い。』



アキ「お、俺って…そんなに気持ち悪りいのか…?」



ケイは深々と頷いた。



アキ「ガーーンッ!!」



・・・・・・



(ランチタイム)



マリエ「今日は天気もよろしいので、皆さんお庭でランチといたしましょう♪」



ケイ『庭でランチ…。』(ワクワク)



エミリー「は~んっ!ウズウズするケイ様も可愛いですわ~!」



アキ「ほんっと、食べ物には目がないからなあ、ケイは♪」



セラ「ちょっとアキ。まるでケイのすべてを知っているかのような口ぶりはやめてちょうだい。目障りよ。」



アキ「俺って目障り!?」



爺や「セラ様、アキ様…仲がよろしいのは結構ですが…。」



モニカ「ケイちゃん、これ私が作ったサンドイッチなんだ~食べて食べて♪」



ケイ『わ…ありがとう。』(モグモグ…)



モニカ「どう?美味しい、かな?」



ケイ『美味しい…毎日、私に美味しい料理を作って欲しいな。』



モニカ「本当!?」



エミリー「け、ケイ様!」



ケイ『ん…?』



エミリー「あの、これ…。」



ケイ『…タルト?食べていいの?』



エミリー「はい…ケイ様のため〝だけ〟に作りました…!」



ケイ『……ん、うま。』



エミリー「キュウウウンッ!」



ケイ『エミリーが作るお菓子…何でも美味しいから好き。』



エミリー「まあ!天にも昇る心地ですわ~!」



アキ「相変わらず賑やかにやってんなー♪」



(※ケイとは少し離れたテーブルにいるアキ。)



マリエ「アキ様、その…あのままにしておいてよろしいんですか?」



アキ「えっ、何が~?」



マリエ「ケ・イ・さ・ん・です♪」



アキ「ああ、ケイ?いいんじゃない?」



マリエ「そんなのは駄目ですッ!」



アキ「ま、マリエさん…?」(ビクッ)



マリエ「いいですか!?ケイ様は老若男女問わず攻略してしまうような人なんですよ!?競争率も高いんですよ!?放っておいては、誰かに奪われてしまいますよ!?」



アキ「あー…確かに、ケイってモテるもんな♪」



マリエ「」(ズコッ‼)



アキ「よく分かんねえけど~…それと俺のことと、何か関係あるの?マリエさん。」



マリエ「……アキ様。」



アキ「んっ?」



マリエ「念のため、伺いますが……ケイさんのことを、好きでいらっしゃるんですよね?」



アキ「え?決まってんじゃん!好きだよ♪」



マリエ「あ、愛していらっしゃるんですよね?」



アキ「おう、愛してる♪」



マリエ「それは、恋や愛などに分類される感情ですよね?」



アキ「えっ…?違うけど?」



マリエ「ち、違うとはどういうことですか!?」



アキ「んー…よく分かんねえけど~……ケイのことは、実の妹みてえに思ってるな♪」



マリエ「い、妹…ですか?」



アキ「おうっ♪」



マリエ(ショック…ショックです…。ケイさんのことを妹だと認識されていたなんて…。)



アキ「マリエさん?具合悪そうだけど、大丈夫?」









 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する