【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /51話「従者思いの主人」









 


マリエ(まあ、アキ様は昔から裏表のない性格ですから…)



アキ「?」



マリエ(それに、天然も入っているので恋愛事や自分のことには疎いんですよね♪)



アキ「マリエさんっ?」



マリエ「え?あら、申し訳ありません♪何でしょう?」



アキ「あーいや、さっきは具合悪いのかと思ったんだけど、大丈夫…?ぽいな♪」



マリエ「…アキ様は、私たちメイドや使用人にも、お優しいんですよね。」



アキ「えっ?俺なんかおかしいこと言った?」



マリエ「いいえ…昔から、アキ様はちゃんと、すごいんです。」



アキ「え、急にどうしたの!?」



マリエ「ふふ、何でもありません♪」



エミリー「あ、いましたわ!」



モニカ「待ってエミリー!」



アキ「お?何だあ?」



エミリー「こちら、私が作ったタルトですの!今日は特別、アキ様に差し上げてもよろしいですわよ!」



アキ「え、俺にくれるのか?お前珍しいな~。サンキュー♪」



マリエ(メイドにこんな扱いを受けても優しいですしね♪)



モニカ「アキ様、エミリーはこんなこと言ってますが、本当は素直じゃないだけですからね~。」



エミリー「はあ!?何を言ってますの!?」



アキ「?」



モニカ「アキ様、私もサンドイッチ作ったのでどうぞ~。」



アキ「おっ、美味そう~!ありがとな♪」



エミリー「ふん、私はさっさとケイ様の元へ……あ、ケイ様~!」



アキ「アイツも相当ケイのこと好きだよな~(笑)」



マリエ「それもあるようですが…。」



モニカ「アキ様のことも本当はちゃんと好きなはずですよ~。」



アキ「ハハッ、まっさか~あ。嫌いの間違いじゃねえ?」



マリエ「では、そういうことにしておきましょう♪」



アキ「頼むんでそこはフォロー入れてっ!」







ケイ『……。』(三人で何話してるんだろう…。少し遠くて聞こえないけど…。)



エミリー「ケーイさまっ!」



ケイ『んん…?』



エミリー「アキ様のことなんて見てないで、私を見てくださいませ!」



ケイ『見てないよ。アキオなんて。』








アキ「マリエさんはたまにズバッと辛辣なこと言うから~!」



マリエ「普段は抑えているのですが、ついうっかり出てしまう時があるんですよ♪」



モニカ「でも、マリエさんはよく私の相談にも乗ってくれるんですよ~!アキ様もマリエさんに相談されてみてはどうですか?例えば、恋とかー♪」



マリエ「あら、それはいいですね~。どんな話が聞けるのでしょうか♪」



アキ「えっ?恋?別に、好きなヤツはいねえけど?」



モニカ「そ、それ…本気で言ってるんですか!?ケイちゃんという可愛いナイトがいながら!?」



アキ「ケイはー、なんつーかーー……妹、的な♪」



マリエ(あの時のアキ様のお言葉は本当だったんですねー…。)



モニカ「え~…つまんないの~…。」



アキ「何か、がっかりさせちゃったみたいで悪いな♪俺、恋とかよく分かんねえし……俺が恋とか、何かナゾだし?」



マリエ「そんなことありませんよ。アキ様はもう婚約者がいてもおかしくないお年ですもの♪」



アキ「ああ!俺は人類すべて愛してるから、特定の誰かとは一緒にならない主義なんだよ!」(※思いつきの言い訳。)



モニカ「え…それって、女の子をとっかえひっかえ…って意味ですか?」



アキ「ちっげえの!人類っつーのは老若男女すべてだから!そもそも女の子をとっかえひっかえとか、そんな器用なこと俺にできるわけねえだろ!」



マリエ「そうですよモニカ、さすがに勘ぐりすぎです♪アキ様がそんなことされるわけないじゃないですか♪」



モニカ「はい!私はアキ様を信じてますので!」









エミリー「あちらの三人は、何やら盛り上がってますわね~ケイ様。」



ケイ『うん。』



エミリー「…気になりますか?」



ケイ『全然。』



エミリー「そうですか…それならよいのですが。」



ケイ『それより、お腹空いた…。』



エミリー「はいっ♪ただいま追加のお料理をお持ちしますわ~!」








アキ「あ~…俺、ちょっと食後の散歩でも行ってくるわ♪」



マリエ「あら、私もお供しましょうか?」



モニカ「私もついていきますよ?」



アキ「いいっていいって!マリエさんとモニカはいつも世話になってるし、少しは休んでくれよ♪」



マリエ&モニカ「「アキ様…。」」











 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する