【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /53話「ケイと少年」







 

(夕食時…)



エミリー「アキ様ってバカがつくほどお人好しですわ!」



モニカ「エミリーバカは言い過ぎじゃ…。」



エミリー「泉に倒れているような素性の知れない男を!このプライム家に運んで持ち帰るなんて!」



アキ「あは♪いや~俺ってどうもそういった場面に出くわすことが多くて~」



エミリー「あは♪じゃありませんわよ!」



セラ「確かに、アキは昔からそういった面倒ごとに巻き込まれることが多かった気がするわ。もはやそういう体質なのかしら?」



爺や「まあ、それもアキ様の優しさということですかな!」



マリエ「それにしても、あれから数時間は経ちますが、まだ目が覚めないとなると心配ですね…彼。」



アキ「ああ…。」



ケイ『……。』(もぐもぐ)



エミリー「さすがケイ様ッ!こんな状況でもぶれずに冷静でいられるなんて!」



アキ「いや、ただたんに食事に夢中なだけだよ♪」



エミリー「うっるさいですわ!お人好しでお節介なアキ様よりずっといいですわよ!」



アキ「まあまあ♪」



ガタッ…



マリエ「あら?何でしょう、階段の方から……。」



爺や「ややっ!?まさか幽霊ですかな!?」



セラ「そんなもの、この家にいるわけ、って…。」



?「……何だここは。騒がしいな。」



爺や「ま、まさか、少年の幽霊とはッ!?」



アキ「…おっ!目、覚めたのかっ?」



セラ「ということは、あの少年が泉に倒れてたっていう…?」



爺や「誠ですか!?では幽霊というわけではないのですな!」



マリエ「ええ、彼はアキ様が運んでこられた少年に間違いありません。ね、モニカ。」



モニカ「そうですね!でも無事みたいでよかったですね~!」



?「……。」



アキ「森の泉で倒れてたから最初マジでビビったわ~(笑)でも、無事みたいでよかったな!」



?「おめえか、俺をここまで運んだのは。」



アキ「あ、別にお礼とかいいって♪俺は無事ならそれで―…」



?「余計なことしてくれやがって。」



アキ「あらっ?もしかして~…迷惑だった…?」



エミリー「何ですのその言いぐさは!?アキ様に命を助けてもらってその態度!」



アキ「エミリーどうしちゃったの!?俺のこと嫌いなんだよな!?」



エミリー「アキ様はムカつきますけど!コイツにもムカつきましたわ!」



アキ「そうか~相変わらずブレねーなあ♪」



マリエ「エミリーの言う通り、アキ様はあなたをここまで運んできてくださったのに、さっきのはあんまりですねえ♪」



爺や「それもそうですな!ワタクシの主であるアキ様への無礼を謝罪していただきたく思います!」



アキ「えっ?そんなんいいって!大丈夫だから!」



?「何の話か知らねえが、ここに用はねえんだよ。」



エミリー「そ~ですわねッ!さっさと出て行くがいいですわ!」



アキ「おい、エミリー…。」



ケイ『もぐ……。』



ケイ『……ロイっ?』



?「お、まえッ………ケイ、なのか?」



アキ「え?なになに、ケイの知り合い?」



エミリー「ええッ!?ケイ様、あんな男と知り合いなんですの!?」



セラ「えっと…冗談、なのよね?」



ケイ『まあ……知り合い的な。』



ロイ「お前、何でこんなとこに……つーか、俺ずっと探してたんだかんな!?ハァ、ったく…手間かけさせやがって!」



ケイ『はあ、そう。』



ロイ「はあそうじゃねえよ!マジで許さねえ……人が苦労して探してたっつーのに、このザマかよ…。」



アキ「な、何かよく分かんねえけど~…とりあえず感動の再会?ってことで、よかったな♪」



ロイ「うるせえオメエは黙ってろ!」



アキ「お~こわっ…」



マリエ「どうやら、彼はとんだ不良少年だったようですね♪」



ロイ「おい、ケイ。お前、何でこんなところで飯食ってんだよ…。まさか、今度はコイツらの言いなりになってるんじゃねえだろうな?」



ケイ『私は、プライム家の騎士兼護衛…。それが、何か問題?』



ロイ「今度は騎士に護衛かよ。そんなの俺が許すわけねえだろ。」



ケイ『…じゃあ、やる?』



ロイ「はッ…望むところだってのッ!」



アキ「えっ!?ここで戦闘始めちゃう感じ!?」



ケイ『まさか。外でやる。』



ロイ「俺はここでも構わねえけどなあ?」



ケイ『皆を巻き込む気なら、私もお前を許さない。』



ロイ「……そんなにコイツらが大事かよ。」









 

  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する