【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /56話「決断」











 
ロイ「つーか、話すっつても……ケイ、お前はいいのかよ?」



ケイ『?何が。』



ロイ「このノッポ野郎…俺は信用できねえ。」



アキ「そんなに警戒しなくても大丈夫だって!別に取って食うわけじゃあねえんだからさっ!」



ロイ「名前も知らないような人間を信用できるか。」



アキ「あ~!何だ、お前、俺の名前が知りたかっただけか~!それならそうと早く…」



ロイ「どうしたらそんなふうに聞こえるんだこの脳無しノッポ!」



アキ「俺の名前は、アキ・オット・プライムだ。気軽にアキって呼んでくれていいからな♪」



ロイ「そんなもの、誰が呼ぶかっての。」



ケイ『…なんか、』



アキ&ロイ「「??」」



ケイ『二人とも、兄弟みたい…。』



ロイ「はあ!?何言ってんだテメエ!殺すぞ!?」



アキ「まあまあ~!女の子に殺すだなんて言うもんじゃあないぞ~!?」



ロイ「は?テメエ何言ってんだ。こいつ、ケイは女なんかじゃねえよ。」



アキ「えっ?は?ケイって、まさか……男だったのか!?」



ロイ「こんなに腕っぷしが強いやつ、女なわけねえだろが。」



アキ「ああ…何だ、そういう意味か~…ビックリした~…。てか、確かにケイは強いけど!ちゃんと女の子だろ!な、ケイ!?」



ケイ『別に……男だって思われてた方が、楽。』



アキ「ええ!?お前、それでいいのかよ!?」



ロイ「だから言ってんだろ、コイツはこれでいいんだよ。」



アキ「でも…だからって!」



ロイ「あーもううるせえ…メンドくせー…。」



ケイ『アキ…。』



ロイ「だいたいテメエ、ケイの何なんだよ。」



アキ「何って……俺はケイのご主人様だッ!!」



シー―ン……



アキ「あれっ?えっ?ナニこの沈黙!」



ケイ『……。』(引き気味)



ロイ「テメエ……ケイに何しやがったッ!?」



その時、ロイが俺の胸ぐらを掴んで、物凄い剣幕で言い放った。



アキ「えーっと…何って何だ?」



ロイ「お前は…ケイに……え、エロいこととかしたんだろ!ぜってえそうに決まってる!」



アキ(う…わー……めっちゃ顔赤くなってらあ…。)



アキ(見たところ俺よりぜってー年下だし、たぶん思春期なんだろう…。)



アキ(さあ~て、どう答えようかな~…。)



ロイ「おい!それで、どうなんだよ!」



アキ「……さあ?どうだろうな♪」



ロイ「な…んだと!?てめえッ!」



ケイ『――ロイ。』



ロイ「!?」



ケイ『アキの挑発に乗っちゃ駄目…。落ち着いて。』



ロイ「……チッ!分かったっつの!」



お、おー…なーんだ、ケイの言うことは何だかんだ言って聞くのかあ。



ケイ『それで、さっきの…先生の話、詳しく聞かせて。』



ロイ「……アイツ、お前がいなくなったあの日から、血相変えてお前を探してる。」



ケイ『…そう。』



ロイ「見つかれば、お前はまた、アイツに…!」



ケイ『……でも、』



ロイ「だからッ、いまここで……俺と一緒に逃げるって約束しろよッ!」



ケイ『……。』



ロイ「ケイッ!」



ケイ『私…もう、充分逃げた。逃げる必要なんて、どこにあるの。』



ロイ「…ッ、何言ってんだお前!」



ケイ『私、自分から会いに行くよ、先生に。そうすれば、誰も巻き込まれずに済むし。』



ロイ「バカ言ってんじゃねえ!俺がッ、んなこと許すわけねぇだろッ!」



アキ「あー…二人の会話を邪魔して悪いんだけどー…。」



アキ「俺には話が分からねえけど、二人で逃げるよりも、ケイはここにいた方が安全だと俺は思う。」



ロイ「な…。」



アキ「この家の中にいれば見つかりにくいし、ケイもその方が、きっと精神的に安定する。」



ロイ「お前…、」



アキ「もちろん、ロイ。お前もここに住めばいい。」



ロイ「…はあ!?」



アキ「二人でここを出て、野宿とか宿を借りることになっても、経済的に不安定だし、外は魔物もいて危険が多い。変に動き回るより、ここでじっとしてた方が絶対にいい。」



ロイ「……お前ッ…脳無しのくせに、そんなこと考えてたのか。」



アキ「人が真面目に喋ってるんだけど!?」



ロイ「おい、ケイはどうなんだ?それでいいのか?」



ケイ『…まあ、ご主人様(仮)の言うことだから。』



ロイ「ッ!?……おいテメエ!ケイに毎日変な命令してるんじゃねえのか!?」



アキ「ケイッ…!いま俺のこと、ご主人様って…!?」



ロイ「おい聞いてんのかこのエロノッポ!」







 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する