【 Knight / night 】~主従ファンタジーラブコメ~

章タイトル未設定 /63話「開けてはいけない」









 




(アキside)



アキ「お前ら、本当に昔から一緒にいた仲なんだよなあ…?」



ロイ「……。」



アキ「ロイまでケイみたいに黙りこくるのヤメロッ!!」



アキ「仕方ねえから、ケイの部屋にでも行ってみようぜ?そんで、仲直りするしかないだろ♪」



ロイ「はあ!?誰がアイツの部屋なんか行くかよッ!」



ロイは、俺に噛み付くように怒鳴ってきた。



アキ「まあまあ♪案外なんとかなるもんだって♪」



ロイ「てめえッ!」



俺がケイの部屋の扉に手を掛けようとしたところ……



セラ「アキッ!!」



とっさに姉貴が叫ぶように俺の名前を呼んだ。



アキ「えっ…?姉貴?どうしたんだよ急に!?」



セラ「ケイの部屋は、開けては駄目よッ!」



アキ「え、何でだ?」



セラ「絶対に!何でもよ!」



姉貴は必死に訴えるような目で見てくる。



ロイ「コイツ、オメーの姉貴だったのか。ここは言う通りにして、さっさとずらかるぞ、かったりい…。」



アキ「ロイ、お前はケイと顔合わせたくないだけだろ!?」



ロイ「はあ?そんなんじゃねぇよ!」



アキ「姉貴の言うことは聞くけど、理由は教えてくんね?」



セラ「それは……、」



姉貴は、しばらく黙り込み……



セラ「ケイは!昨夜私が勉強をみてあげたのよ!深夜までかかったから、ケイは眠くて今ぐっすりなのよ!」



アキ「……。」



セラ「……ッ。」(さすがにこの理由は無理があったかしら…)



アキ「な~んだ!そうだったのか♪」



セラ「えっ。」



アキ「ほらっ、ケイってよ~いっつも剣の稽古とか、鍛錬ばっかで、勉強してるところとか見たことねぇし!兄としてはさ~やっぱ心配してたってわけ!でもよかった~!これからもケイの勉強、みてやってくれよ、姉貴♪」



セラ「は…?兄としてって…一体どういうことなの?」



アキ「え?だって俺、ケイのことは妹同然に思ってるぜ♪あと、コイツのこともなっ。」



(ガシッ)



ロイ「はあ?ふざけんじゃねぇぞテメエ!誰がテメエなんかの…!」



アキ「まあまあ、だってほらっ!俺たちって眼鏡かけてて似てるじゃん?」



ロイ「コイツ、目腐ってやがる!おいそこのお前(セラのこと)!似てないって言え!」



セラ「プライム家の私に向かって何なのその態度は?そんなの答えるまでもないわ。」



ロイ「んだと…。」



アキ「まあまあ~そのへんにして、3人仲良く昼食食いに行こうぜ?なっ?」



セラ「お断りよ!」



ロイ「テメエ、3人でとか本気で言ってんのか?」



姉貴はすっかりご立腹な様子で、ロイは俺に睨みをきかせている。



アキ「はは♪」



・・・・・・。










(ロイside)



ケイは、昼食にも来なかった。



最初は知ったことかと思ったが、夕方になっても姿を見せない



となると、いい加減…ほんの少しだけ心配になってきた。



あのセラとかいう女には開けないように言われていたが……



ロイ「んなこと知るかよ。俺は金持ちの犬でも何でもねぇから、いちいち言うことなんて聞いてらんねぇんだよ。」



昨日のことを謝りてえって気持ちがあるのに、会ったらまた、



いつもみてえに悪態をついちまうんだろう。



俺は、ノックもなしにケイの部屋を思いっきり開けた。



ロイ「おい、ちっと面貸せ……って、」



部屋の中は閑散としていて、ケイの姿はなかった。



ロイ「これ、どういう……ッ、」



その時、遠くからノッポ野郎の声が聞こえてきた。



アキ「ああッ!?ロイ、お前!姉貴にケイの部屋は開けるなって言われたばっかりだったろ!」



ロイ「……。」



アキ「ロイ、聞いてるか!?」



ノッポ野郎が、俺のすぐそばに来て…



ロイ「ケイが、いねえ……。」



アキ「え?悪い、よく聞こえなかった!もっかい…、」



ロイ「ケイがいねえんだよッ…!」



アキ「え……おまえ、ケイがいないって、どういう…。」



ロイ「ケイの部屋ん中、見てみろ…。」



アキ「ああ、分かった…。………ッ!?」



ロイ「……。」









ほら、実際見て、分かっただろ……








 

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 64ページ
このページを編集する