キンとプラチナ

次回予告


「そして、世界は光の日を迎えたの……」



「あの子たちは、入れ物として優秀すぎたの。だから、人々の感情を取り込んでしまった」



「普通に死んだなら、私たちも諦めがつくわよ。でも、そんな理不尽な死に方って信じられる?ありえないわよありえない」






僕は決意した

そうでないと、プラが壊れてしまうから……




第三章「光の日(後編)」

10月4日 更新予定


0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 1
/ 254ページ
このページを編集する