キンとプラチナ







僕は、プラを抱き寄せたまま、自分の唇にプラの唇を重ねあわした。











(第3章完)

0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 1
/ 254ページ
このページを編集する