キンとプラチナ

あとがき

『キンとプラチナ』最後まで読んでいただいた方ありがとうございました。


えっと、あとがきです。


今回の話は、自分自身初のSF小説となりました。


感覚的にはファンタジィーのつもりで書いたのですが……


この話はおおまかな流れだけ決めて、けっこういきあたりばったりで描きました。案の定、おおまかな流れ崩れましたし(笑
(どの作品もだいたいそうなんですが)

特にヤキトリは只の思いつきのエピソード稼ぎで登場
させたのですが、最後の最後でいい役周りをしてくれました。

あの役はキンにやらせようと思ったのですが、『あっ、ヤキトリがいるじゃん』みたいなノリで(笑

ちなみにキンプラ2予告の一万二千年後は『創●のアクエリオン』ですね。(突っ込まれる前にばらしちゃいます)

一万二千年後も二人はラブラブなんでしょうね(笑

キンプラ2の構想はまったくできてません。来年の夏までには基本構想は立てておきたいのですが……多分、SFというより、ファンタジィー感覚になりそうです。

ありがたいことに、キンプラは固定ファンもついて本当に嬉しい限りです。

描いてて楽しかったですし、プラなんかは勝手に動いて勝てにしゃべるし、キンは途中で可愛いそうになちゃいましたし……

機会があったら、調子に乗って設定資料集でもかきたいなぁなどと思ってます。

よければ、他の小説も読んでいただければ嬉しいです。


FINE

0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 1
/ 254ページ
このページを編集する