キンとプラチナ

第1章 『炎の惑星』(後編)  /2 プラチナ


「ざあーーざあーー」

私は雨の音の真似をしながら、外を見ていた。

雨……

ずっと、ずっと雨が降っている。

もう何日たつんだろう。

大きな水溜りが宇宙船を浮かしていた。

これが、海となるんだろう。


0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 1
/ 254ページ
このページを編集する