キンとプラチナ



「ハカセ……ハカセ……ずっと待っているから……」


プラは呟いた。


僕の体が自然に動いた。


僕はプラの手を両手でしっかりと包んだ。



0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 1
/ 254ページ
このページを編集する