キンとプラチナ

第2章 チョコレートとヤキトリ(前編) /2 キン



「なあ、お前は、なんでロボットのくせに、ご飯だべるんだ」


乾パンを食べていると、プラが聞いてきた。


「まあ、なんでって言われても」


「だって、私たち何も食べてなくても生きていけるだろ。面倒くさくないか」


そう言われてみればそうだけど……


僕は目を宙に向けて考えた。


0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 1
/ 254ページ
このページを編集する