キンとプラチナ

第2章 チョコレートとヤキトリ(前編) /3 プラチナ

夢だった。


「プラチナ。プラチナ」


声がする。


男が立っていた。白衣を着ていた男だ。


鋭い目つきで私を見ている。


「ハカセか」

0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 1
/ 254ページ
このページを編集する