キンとプラチナ



「たく、情けないわね。それじゃ、プラちゃんは守れないわよ」


「グランドマザー」


ため息。

女の人の声。この声で僕は安心感を覚える。


「そんな情けない声出さないの。プラちゃんはもっと強いわよ」


「もっと強い……」


0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 1
/ 254ページ
このページを編集する