V.I.

Catharsis. /slight.





「はーづきっ。」

「あ、お兄ちゃん。おかえり!」

「ん、ただいまー。」



ギュッと優しい手があたしを包み込んだ。

カチリ、カチリ、と秒針を刻む音が早くなった。



「何してたの?」

「お兄ちゃんの帰り待ってた。」

「……我が妹ながらクソ可愛いな。」

「優しいの、お兄ちゃんだけだもん。」

「倫太郎とかソメも優しいでしょ?」

「優しいけど…。」

「けど?」



庭の鯉が跳ねた。


0
  • しおりをはさむ
  • 34
  • 20
/ 141ページ
このページを編集する