先生にはヒミツ。

saki *
恋愛 1ページ(連載中) 62字 更新日 2019/09/17 読者 37人 公開 0 0
第19回ビーンズ小説大賞エントリー中


16歳、高校に入学して2回目の春




ある一人の人が気になって仕方ない



四六時中、その人のことばかりが頭の中を埋め尽くす…




その人の声も姿も仕草も立ち振る舞いも全てに目を向けてしまう




5d96c9dfe5bfc2a6%2Fc419ec77c7e7-M.jpg

これを恋と呼ぶのなら、私は生まれて初めての片想いだ




でも、きっとその人は私のことなんて眼中にない




好きになっても叶わない恋だから



それでも…一瞬でいいから私だけを見てほしい




もっと近くに行きたい






ねぇ、先生…好きでいてもいいですか…?






※本作品はフィクションです。作者の知識や語彙力が足りないところが多々ありますが、どうか暖かい目で見守ってやってください。


人物.建物名などは実際には実在しません。誤字脱字等は随時、修正させていただくのでお待ちください。




  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
  • 0
  • 0
このページを編集する