絶望人生~本当の幸せ~【完】

2章 /新しい人生

瞼をゆっくり開けると部屋の中にいた。


見覚えのあるテレビに壁の色。そして柄。


この懐かしい光景は間違えなく昔、住んでいた自分の部屋だった。


ただ、ポスターや、机や筆記用具などがまるで女の子向きの柄だった。


そして、部屋には熊のぬいぐるみも置いてあった。


―――昔、住んでいた自分の部屋とはどこか違う。



これってまさか……!?


0
  • しおりをはさむ
  • 33
  • 0
/ 197ページ
このページを編集する