隠して、溶かして。

氷月 旭
恋愛 3ページ(連載中) 1822字 更新日 2019/06/09 読者 108人 公開 0 0




「美人だから」

「何でも出来るから」



そんな言葉がずっと、嫌いだった



『好きだよ』

『愛してる』


その言葉を、信じられなくなるから


だから、


隠して、溶かして。


自分自身を、見てほしくて



冷たいチョコレートのように固い彼を、愛そうと決めた




これは、チョコレートのような愛の話。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
  • 0
  • 29
このページを編集する