かのこさんの作品一覧

赤い口紅

かのこ
27ページ(完結) 28788字 更新日 2019/10/09 読者 631人 公開

男装のままスカウトされデビューしてしまった蜜。恋人のキスシーンに動揺する輝。蜜の素顔に惹かれる健二…【青い魚】から2年。赤い口紅が巻き起こす、愛と青春の日々。

サウナごっこ

かのこ
1ページ(完結) 921字 更新日 2019/08/30 読者 82人 公開

外があまりにも暑かったので。 トレーニング後の氷風呂が出来るまでの束の間。 僕らはコンビニへアイスを買いに出掛けた。 何も起こらない僕らの日常。

こんなはずじゃなかった

かのこ
2ページ(完結) 2070字 更新日 2019/08/21 読者 266人 公開

「こんなはずじゃなかった……」 こぼれ落ちる言葉は彼女に届く前に風に溶ける。僕は彼女から目を離せない。 【青い魚】番外編

「重すぎる愛」短編小説コンテスト エントリー中

青い魚

かのこ
99ページ(完結) 59399字 更新日 2019/10/21 読者 800人 公開

トップ・ダンサーの輝は、行きつけのクラブで倒れたファンの少女チヨを助け出す。しかし、彼女は、彼女自身のことを忘れてしまっていた。 これは、奇跡の断片の物語。

偶然でも運命でもない

かのこ
61ページ(完結) 90193字 更新日 2019/04/28 読者 4201人 公開

18歳男子と31歳OL。この出会いは偶然か運命か。 駅のホームで街角で、自由すぎる二人が繰り広げる、ひとまわりちょっとの歳の差すれ違いラブ♡

夕焼けの約束

かのこ
6ページ(完結) 2831字 更新日 2019/09/29 読者 80人 公開

ーーその紫に足を染めたものは願いが叶うというーー 湖の伝説と、彼女と僕の約束。

コーヒーとジンジャーエール

かのこ
4ページ(完結) 2108字 更新日 2019/08/01 読者 56人 公開

時には思いもよらない組み合わせが、心地よいこともあるのです。 例えばコーヒーとジンジャーエールとか。 好きでもない男に振られて、新しい恋を知る。

カラメルソース

かのこ
1ページ(完結) 1246字 更新日 2019/04/28 読者 109人 公開

ただの日常。

Shooting☆Star

かのこ
32ページ(完結) 53647字 更新日 2019/10/24 読者 5017人 公開

恋人のスキャンダルが週刊誌に載ってしまった。 メンバー達を巻き込んで、思わぬ方向へと転がり始める。 嘘と本当、恋と仕事、アイドルとマネージャーの恋の行方は…!?

*魔女の横顔* Shooting☆Star 番外編1

かのこ
12ページ(完結) 10253字 更新日 2019/01/12 読者 1308人 公開

「モモがいなかったら、ぼく、アイドルを辞めてたと思う。」 モデルの彼女が妊娠した時、弘也は真っ先にマネージャーの百香に相談した。 弘也が語る、百香の奮闘記。

*星を掴む* Shooting☆Star 番外編2

かのこ
20ページ(完結) 13331字 更新日 2019/01/12 読者 758人 公開

その指輪は「星を掴む」という意味を持つ。 その夜、ひとりで事務所に戻る百香に「手伝うよ」と、祐樹は声を掛けた。 祐樹とダイチ、そして百香。三人の恋の結末は…?

「重すぎる愛」短編小説コンテスト エントリー中

Shooting★Star *黒いパンプスと屋上の烏*

かのこ
42ページ(完結) 52115字 更新日 2019/01/21 読者 1150人 公開

アイドルグループ・S☆Sの秀は、マネージャーの百香に恋をした。その恋は、始まる前に終わりが見えた。それでも、秀はその気持ちに蓋をする事が出来なかった。

*桃の香り* Shooting☆Star 番外編3

かのこ
10ページ(完結) 8682字 更新日 2019/06/07 読者 581人 公開

あの頃は、このグループがこんなに長く続くと思わなかった。 あの冬の夜、桃の香りの中で交わしたその約束の終わりを、僕は考えていなかった。

このページを編集する