*星を掴む* Shooting☆Star 番外編2

かのこ
恋愛 20ページ(完結) 13331字 更新日 2019/01/12 読者 737人 公開 0 0

Shooting☆Star

番外編2
*星を掴む*




誕生石を手の平側の内側に入れたリングは“星を掴む”という意味を持つ。
夢や希望が叶うように御守りとして身に付ける。
ペアリングのそれぞれに相手の誕生石を入れると“互いを想い、守り合う”という意味になる。
交わした約束を見失わないように。
離れていても、孤独でないように。


11月の最終日は祐樹の誕生日だ。
その前夜、ひとりで事務所に戻る百香に「手伝うよ」と、祐樹は声を掛けた。



結成20年、デビュー当時は10代だったアイドルグループ・S☆S〈シューティング☆スター〉のメンバーは、既にアラフォーと呼ばれる歳になっていた。
みんなのお父さんみたいな弘也ヒロヤ(39)、リーダーのダイチ(38)、いつもクールなシュウ(37)と圭太ケイタ(37)、やんちゃで金髪の祐樹ユウキ(36)、そして、最年少の拓巳タクミ(35)。
マネージャーとして彼らに寄り添う百香モモカ

シリーズShooting☆Star 番外編

祐樹とダイチ、そして百香。三人の恋の結末は…?



※本編を未読の方、設定など分かり難くて申し訳ありません。
是非、Shooting☆Star からお読みいただけると幸いです。

※ 続編、番外編公開しました。
作品一覧からどうぞ!
Shooting☆Star 番外編1 *魔女の横顔*
弘也と百香の過去のお話/他
Shooting☆Star 番外編3 *桃の香り* ←New!
拓巳と百香の約束。シリーズのプロローグとエピローグのようなお話

Shooting★Star *黒いパンプスと屋上の烏*
20代の秀と百香のお話 /過去編
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 9
  • 5
このページを編集する