病んでるとグレーてる6【完】

否定された彼女


「もう死んだってことにして諦めようか」

その言葉が最善だった。

消えてしまった彼女はどこを探しても見付からない。

目覚めた永輝にそう言って大人達は再び真実を隠した。

片瀬柚真は死んだ。

彼等の中でそう片付けられてしまった可哀想な少女。


諦めの悪い彼等でも、あの状況で消えた彼女の容態を想像出来たんだろう。

もう、手遅れだと。

0
  • しおりをはさむ
  • 37
  • 2057
/ 501ページ
このページを編集する