傷付かないための三か条(改訂版)【完】 

【出会い】




透和との出会いは、大学の入学式だった。



スーツに着られるという表現がピッタリな、まだまだ初々しい新入生で溢れかえるホールの中。



彼だけが異質だった。



ダークグリーンのひと目で上質と分かるようなスーツを着こなして、人が一際多い一角の中心に立っていた。



彼の周りには、メイクばっちりのギャルっぽい女子たちが群がってる。






そんな一角を他の生徒たち同様に見やりながら、住む世界が違う人ってこういう人を言うんだろうな、なんて思った。


  • しおりをはさむ
  • 1513
  • 347
/ 199ページ
このページを編集する