貧乏少女




パソコンの画面を見ると、縁さんと水無月が写っていた。




水無月とは何度か会合で会った事があったけど、毎回誰かと喧嘩してた、喧嘩っ早い癖に強いもんだから毎回相手をボコボコにしてた。ただ、縁さんと違うのは相手に戦意喪失が見られたらそれ以上やらない所だった。


縁さんは相手が戦意喪失しても止めなかった。だから、俺は縁さんのそんな所に惚れたんだ。



二人は額や口から血を流しながらも喧嘩していた、愛おしい。



画面越しでも縁さんの目には何も写りやしない。それでいいんだよ、誰も写ったらいけない。痛みを感じないで、人を殴る事にも殴られる事にも。


縁さんは冷血で、孤独で可哀想な人でいてね。



守るべきものを作るから人間は弱くなるんだ、そんな意味無いものは作ったら駄目だよ。


ペットちゃんに現を抜かす様なら俺が食べてあげるから。ぐちゃぐちゃにして、ボロボロにしてあげるから。


ねぇ、縁さんお願いだから退屈はさせないでね。


0
  • しおりをはさむ
  • 14
  • 31
/ 212ページ
このページを編集する